忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


重要な記述はなるべく上の方に表示させるようにしましょう。検索エンジンは上から順番に巡回するからです。この検索エンジンのクローラーの動きからして、上の方に重要な記述をした方が評価が高くなります。だからと言ってキーワードだけを単語としてポンポンポンと上から記述するだけではいけません。ペナルティを受けたり、評価が低くなってランキングが下がるか圏外行きになってしまいます。重要なキーワードを単語としてただ羅列して記述するだけでは不十分です。不十分ですし、訪問者のためにもならない情報ですので、検索エンジン側も、何のためにもならないサイトだと判断するので、そのせいで評価が下がり、ランキングが下がったり圏外にいってしまうか、ペナルティを受けてしまうというハメになるのです。キーワードを単語で記述するのではなく、そのキーワードを含めた短い文章を記述するようにします。そのページ内にキーワードを単語で記述するのは一回だけにします。

ビッグキーワードのSEO対策に必要なのは「余裕」。余裕で1位表示し、余裕で中長期の上位維持

退行催眠サービスサイト、池袋店
退行 催眠

購買目的キーワードは短期で新規売上あがる。情報収集目的キーワードの一部は中長期で新規売上に繋がる
グーグルSEOに強いWebサイト。高強度「サイトアーキテクチャー,コンテンツ,被リンク,更新」
グーグル不動の上位表示コツ。高コストの強いサイトから被リンク獲得。強い衛星サイト,強い相互リンク
中長期で通用するSEO対策用サテライトサイトの制作コスト目安。衛星サイト原価、最低3万~5万円
キーワードの割当て方。「1URL1キーワード,1URL1意味」以外の対策URLは順位下落の運命
「コンテンツ,被リンク,衛星サイト」の3つは「毎月強度を固定」する。被リンクの「数」は変動でOK
「優先順位」高い順に仕事こなせ無くなった時が緊急休養のタイミング
地盤沈降が進むリアル店舗。地盤隆起のWeb店舗。中資本企業もSEO参戦
「山」続きの我が人生。「高み」を目指すと次々と「山」が出現する
トップページがコンテンツSEOに不向きならサブURLで対策。無駄&無理
上位表示維持の足枷になる被リンク、足枷にならない被リンク。弱いバックリンク,強いバックリンク
高強度被リンク(高質)なら獲得数は多ければ多いほど良い。低強度被リンクなら少なければ少ない程良い
3つのリードタイム短縮で順位反映スピードは上がる。衛星サイト作成⇒被リンク設置⇒インデックス化
2013年後半のSEO対策。Google再度、「被リンク寄り」に
PR