忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大量


ビッグキーワードを含む複合キーワードでなぜか上位にうちのメインブログが存在しているという記事を書きました。これは予期せぬことだったのですが、1/3にその記事を書きましたので、1/10現在でも、一応1ページ目に存在しています。ですが、検証用のチャンスだと思い、そのブログ記事にアフィリエイトリンクを6個くらい一気に貼り付けました。その影響か、貼った1/9の夕方には、3か4位位だったのが、9位まで下がったと申し上げました。1/10の朝見てみたら8位になっていました。しかしアクセスは減っています。そのビッグキーワードを複合キーワードでのアクセスはゼロでした。やはり3~4位の位置に存在しているのと、同じ1ページ目に存在しているのに8位や9位だとアクセスは違ってきますね。検索結果の1ページ目でもこのような現象だというのに、検索結果の2ページ目以降だったら・・・と考えると恐ろしいですね^^;。だって1ページ目でもあのアクセス数・・・。

内部対策の要、コンテンツSEOとは。コンテンツ版、三本の矢「キーワード最適化,充実度,独自性」
情報充実URLは順位上がり易く情報不足URLは上がり辛い。ネットショップ商品ページも例外では無い
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズム下で発生する順位現象
熱い鉄だけを徹底的に打つ。冷めたら打たない、再加熱の努力もしない
内部対策はオリジナル部分SEO・コンテンツSEO優先。共通部分SEO劣後
サイトアーキテクチャーとは。要所3つ。URL論理構造、HTML(ページ)論理構造、リンク論理構造
2000年代からSEOサービスを提供,実戦経験と実績が「豊富」なSEOプロフェッショナル
被リンク対策過程のURL順位推移。短期では予想外の動きを見せる。中期で対策した通りの結果に収まる
短期間で検索順位を上げる
短期的なアルゴリズムに最適化させても上位表示は一時的・一過性で終わる。中長期アルゴリズムに最適化
被リンクのペナルティーはある。外部リンクを貼る前以上にSEOスコア落ちる事も。SEO対策スパム
Google検索エンジン経由アクセスアップのポイントは「記事数」では無く「文字数」。集客数増やす
順位上げるSEOスパムに強く、順位下げる逆SEO対策・逆SEOスパム・ネガティブSEOに弱いグーグル検索エンジン
ニュー被リンクとオールド被リンクの違い比較。安定的上位表示・不動の1位表示の要、オールド被リンク
サイトリニューアルやページ更新で逆に順位ダウン。理由原因。逆SEO
オーソリティSEO。ディレクトリ,ペイレベル・サブドメイン権威対策
PR